×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Mac OS XでYouTubeからflvダウンロードとflv再生と変換

ほとんどの情報は2006年6月ぐらいに集めたものがほとんどなので最新のソフト情報は載っていません。

制作者の環境はOS X 10.4.6〜10.4.8です。自分の環境でできたことが書いてあります。これを読ん だ人の環境で出 来るかどうかはわかりません。間違っているけどたまたま動いているということもあるかもしれません。気をつけ てください。ffmpegを使ったAppleScriptを配布してますがffmpegのコマンドが適切かどうかには自信がありません。 利用する前に各自ffmpegについて調べるか、エンコードしたものの画質、音質がちゃんとしているか確認してください。

メニュー

  1. flvファイルダウンロード
  2. flv再生ソフト
  3. flvを他のファイル形式に変換する
  4. おまけ:Windowsで携帯動画変換君を使ってflvからmp3を抜き出す方法

YouTube_Multi_Download.scptの ダウンロード後に自動的にmp4に変換してみる

上記のiSquint携帯動画変換ちゃんMPEG Exporter TNGはすべてffmpegと いうソフトを使って変換しているので自分もffmpegを 使ってYouTube_Multi_Download.scptの ダウンロード後に自動的にmp4に変換できるようにしてみました。

  1. ウェ アラブル奮闘日記に あるffmpegをダウ ンロードします。「ffmpeg-MobileHackerz-051107-MacOSX-2.zip」で検索すると見つかりま す。ffmpegの公式サイトで はアプリケーション本体のダウンロードができません。
    ffmpegの場所
  2. アプリケーションフォルダに 入れます。す でにffmpegがあっ たらどうにかしてください・・・。アプリフォルダ
  3. YouTube_Multi_Download.scptを 開いて、property convertToMpeg4 : falseを探してproperty convertToMpeg4 : trueにします。
  4. あとはダウンロードするとムービーフォルダ内にflvから変換されたmp4ができます
    2バイトmp4

変換時間はffmpegの設定で変わるのですが、元のflvとだいたい同じサイズになるような設定にした場合の 変換時間は以下の通りでした。もっといい設定があったら教えてください。

変換に使ったファイルは3.7MB、90秒の動画です。 ffmpegの設定は" -bitexact -vcodec mpeg4 -b 280 -acodec aac -ab 48 "です。

ビデオコーデック 変換時間
G4 1.4GHz
再生時間に対しての変換時間の割合
xvid 39秒 43%
mpeg4 19秒 21%

おまけ:ダウンロード後のflvをmp4とmp3 (音声のみ)に変換するスクリプト

YouTube_Multi_Download.scptと 一緒に入ってる「Convert flv to mp3.scpt」と「Convert flv to mp4.scpt」でFinderで選択しているファイルをmp3とmp4に変換できます。スクリプトメニューからAppleScript を実行する方法を参考にしてFinderでのみスクリプトが表示されるようにしてスクリプトメニューから実行させると便利です。 ffmpegが必要なので上の記述を参考に入れておいてください。ファイル名に「/」が含まれているファイルは変換できません。

おまけ:YouTubeにあるflvの情報メモ

ffmpegでは「Video: flv, yuv420p, 320x240, 1000.00 fps」と表示されています。ffmpegでフレームレートを指定しないでmp4に変換すると23fpsと30fpsの動画ができました。

音声は「Audio: mp3, 22050 Hz, mono」、16ビット/サンプルらしいです。「-acodec copy」でmp3を抜き出したファイルの情報をQuickTime Playerで見るとビットレートは64.18キロビット/秒となっていました。MP3 Trimmerってソフトによるとビットレートは「Variable」となってました。VBRってことなんでしょう。